GENKIのブログ

26歳突然カンボジア・プノンペンにて起業!!

プノンペンでシェアハウス!! Phnom Penh Language Cafe

どうも!GENKI(サバーイ)です!!

 

今回は自信が運営するシェアハウスについて紹介したいと思います!

 

 

 

 

日本でも東京を中心とした都市部ではとても流行ってるシェアハウス。

僕自身もここに引っ越す前までは東京で運営していましたが、建物自体が売却となった為やめてしまいました。

 

 

しかしその運営がとても楽しかったので、

 

ここプノンペンでも始めました!!

名付けて、、

 

「GENKI HOUSE」 ・・・

(仮名)

 

 

f:id:ilove-uguisudani:20170815174610j:plain

 

ここ↑1階はPhnom Penh Language Cafe 

(これについては次回紹介)

 

 

 

ここを通り抜けて上に上がると

 

部屋がたくさんあります。

こんな感じ

 

 

f:id:ilove-uguisudani:20170815175325j:plain

 

 

布団カバーは好みがあると思うので、安くそこらで買って頂いても構いません(笑)

 

 

 

キッチンは

 

f:id:ilove-uguisudani:20170817164653j:plain

 

 

どれもあまり写真が上手ではなくてすみません。(笑)

 

 

 

たまに誰か呼んだり飲み会やったり、楽しく過ごせます。

 

 

 

なんと言っても家賃は$100~から!!!!!

 

 

 

光熱費もWi-Fi込みで$65(今のところ。サービスや時期にとって多少の変動もあり)

 

 

共有スペースは僕がしょっちゅう掃除してるのでまぁまぁ綺麗です。

 

 

 

この値段の通り、利益目的の場所ではないので一般常識のある方のみ随時募集しております!

 

ご連絡はこちらから↓

 

 

pplc426@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました!!

次回はいよいよ クメール語教室(カンボジア語教室)について紹介いたします!!

 

~プノンペンの生活費2017~身の回りにかかるお金

ソクサバーイ??(元気ですか)

 

プノンペンに来て早三カ月がたちました。

 

これだけいても思うことは外国人である以上、カンボジア人と同じ値段だけで買い物をするのはとても難しい

 

 

カンボジアには基本的に3つの値段があります。

  1. カンボジア人の値段
  2. 外国人の値段(カンボジア人の2倍~3倍)
  3. クメール語を話せる外国人の値段(カンボジア人の1.5倍)
あとは出身の国ごとに値段が変動します。
 
 
カンボジアの人は皆、
外人は金持ち
外国の物価はカンボジアの何倍も高い
 
と思ってるので平気で何倍かの値段を取ろうしますが
かえってそれが日本よりも高くつくことが多いので気を付けましょう。
 
 
カンボジアの物価というのは安くはないです。
給料も生活水準も高いタイやベトナムと比べると、カンボジアの物の値段はすべてこれらの国より高いです。
 
 
それはなぜか?
 
ほとんどの物が輸入品だからです。
 
 
 
せっかくカンボジアの物を作ろうとしても、材料もすべて国産でやることは難しいのです。
 
しかしもちろん安いものもたくさんあります。
 
 
先ずは
【携帯電話】
いくつかの携帯会社がありますが、僕はネット(LTE)を気にせず毎日のようにyoutubeを観てたまに電話する程度で月に5$です。
 
だいたい皆さん携帯料金は月に4$~10$くらいではないでしょうか?
 
 
【インターネット】
ADSL 月額12$~
 
 
【タクシー】
初乗り1$~
トゥクトゥク風のメータータクシー0.50$~
バイクタクシー 1$~
 
 
【サウナ】
3$~5$
 
【お酒】
ビール0.50$~
ワイン7$~
ウィスキー4$~
スピリッツ 6$~
 
 
【家電】
洗濯機200$~
冷蔵庫 中型 280$~
テレビ 32インチ250$~
扇風機10$~
省エネエアコン 300$~
 
【家具】
椅子12$~
机35$~
ベット 60$~
マットレス 30$~
 
 
【その他】
Tシャツ 2.5$
靴 5$~
バイクのタイヤのパンク修理1$~
(チューブ変え3$~)
 コーラ 0.50$
 
え?これなら結構安くない??って思いますよね?
 
 
もしかした長く住んでる方でもそうですが、この値段ですべて済ますのは難しいと思います。
上記の値段はすべて新品の最安値ですので、おそらく皆さんが見たり聞いたりする値段は倍近くになってる事が多いでしょう。
 
そして、外国人が入る店は綺麗でモダンな造りをした店が多くそういったところだと、外人だからとか関係なくとても高くなっていきます。
 
 
 
ありがとうございました!!
次回はシェアハウス事業について!
 
 
 
 
 
 
 
()
 
 
 

~プノンペンの生活費2017~食費編②

 

どうも!

 

前回に引き続き 食費編②です。

 

 

 

今回は日本人、もしくは外国人が

 

メックオンチョン(何故)?

 

食費が100ドル以内に済まないかという

 

疑問にお答えします。

 

 

 

 

カンボジアではローカルのカンボジア料理だけを食べていれば食費は安いですが、外国のご飯は大体どこも3ドル以上します。

 

それでも安いじゃないかっ!!

 

 

そうです、ただ日本の料理屋さんとかは大体5ドルくらいから15ドルくらいが普通の相場です。

 

 

SUSHI BAR 

握りセット5.8ドル~

天ぷら5ドル~

もっともコスパが良くて大人気のレストラン

f:id:ilove-uguisudani:20170731022527j:plain

 

 AGAVE

前菜、メイン、デザート付きのお得なコース 15ドル

外人にとても人気のメキシカン

f:id:ilove-uguisudani:20170731022931j:plain

 

 

もちろん、高い店はいくらでもあって、寿司屋さんなんて1人70ドルからなんて店もあります。

 

 

つまり、プノンペンに来てどういう生活をするかで全く生活費が変わると思います。

 

 

「じゃあ、自分はカンボジアに来てるんだからカンボジア料理だけ食べてカンボジア人のローカルアパートに住むから、

オッパニハー(問題無い)!!」

 

 

なんて言う方もいらっしゃるとは思いますが、結構皆さんそれは難しそうです。

 

 

 

肌の色が違うというだけでとても珍しく目立ちます。

外国人というだけでお金を持っていると思われボッタクられます。

ローカルアパートに外国人が住んでると、空き巣や強盗の標的にされ易いです。

 

 

 

それなら最初から値段がハッキリしてて外国人がよくいるキレイなアパート、レストランに行く人が多いのです。

 

 そしてこれらのところで行動している方が目立ちにくいので、ローカルだけで過ごすより安全でもあります。

まぁ安全と言ってしまうと、必ずではないので語弊がありますが、

、、(笑)

今度また治安についても書きたいと思います!

 

 

話を戻しますと

 

ローカル料理が好き、ローカルレストランだけでも大丈夫な人は200ドルあれば充分

 

 

和食がなきゃ生きられない!

カンボジア料理あまり口に合わない!

ローカルレストランは汚くて行けない!

という方は

この想いが強けれ強いほど高くなるでしょう。

 

なので

 

食費はだいたい皆さん自炊をしない場合、200ドルくらいから500ドルくらいが一般的じゃないでしょうか?

 

それ以上かけてる人もたくさん、あとよく飲み行く方は倍以上するでしょう。

 

 

自炊はクメール料理を作れたり、市場で上手く買い物が出来ないとそこまで安くならないです。

 

 

 

ちなみに僕は和食や洋食がないと生きられないので毎日外食して、自炊もして大体400ドルくらいです。

 

 

周りには1000ドル以上使ってる人も

たくさんいます。

 

 

 

僕の意見としては、安い店はコスパ悪く高級店はコスパ高い店が多い気がします。

 

 

住むところ同じです。

 

 

生活費を月に200ドルちょっと使ってる人たちは東京で生活費40万くらいの生活費してるイメージです。

 

 

リーズナブルに贅沢するには良い街かもしれません。

 

 

 

 

ありがとうございました!

次回はその他かかる必要生活費を一挙紹介します!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~プノンペンの生活費2017~食費編①

スォスダイ!!(こんにちは)

 

 

サバーイ(元気)です。

 

 

 

 

 

ニャーム・バーイ・ハウイ??(ご飯食べた??)

カンボジアでは、親しい仲になるとこういった挨拶もする事があります。

 

 

街を歩いていると、カンボジアの人は常に何か食べてます。(笑)

 

 

今回はカンボジアの食文化にも触れつつ、日本人視点での食費を紹介したいと思います。

 

 

 

 

先ずは朝ごはん!

どこにでもあるカンボジアの屋台朝ごはんといえばこの2つ

 

 

 

 

 

バーイサイッチュルーク 0.75$~

f:id:ilove-uguisudani:20170729003818j:plain

一番好きな朝ごはん!甘辛タレと焼きたての香ばしい豚肉がたまりません。

 

 

クイティオ 1ドル~

 

f:id:ilove-uguisudani:20170729003835j:plain

 

  もはや朝ごはんのみならず、カンボジアの代表料理といっても過言ではない。ほぼベトナムのフォーみたいなものです(笑)

 

 

 

 

お昼ごはんは何でも食べます。

カンボジアの食事で欠かせないのは

 

スープです。

 

そして主食は米、魚や肉をおかずして食べることから日本人にはとても親しみやすい食事だと思います。

 

 

 

ローカルの食堂で

おかず0.75ドル

ご飯0.10ドル

f:id:ilove-uguisudani:20170729004915j:plain

 

 

これまでの食事は屋台や食堂の料金であり、レストランになると2倍~3倍くらいします。

 

 

カンボジア人はお昼ご飯が11時が多いので15時になると何かつまみます!!

 

 

それくらいの時間からお菓子屋さんとかが街をうろうろ屋台で走り回っています。種類がとても豊富なのでいろいろ紹介したいですが、今回はフルーツを少しだけ紹介します。

 

カンボジアは果物がとても美味しくて安いです!!!

 

 

ランブータン

0・25ドルで10個くらい

f:id:ilove-uguisudani:20170729010551j:plain見た目はあれですがライチみたいで美味しい。

 

 

 

ティエップ

0・25ドルで4個くらい??

f:id:ilove-uguisudani:20170729010920j:plain

見た目はあれですが、なんとも言えないくらい激うまです。なぜ日本にないのか不思議なくらい。

 

 

 

小さなバナナ18本くらいで1ドルとか1.25ドルなのですが

とても美味しいです。フィリピンより美味しいかも。

 

 

 

なので毎日カンボジアのローカル料理だけを食べていたら外食していても食費は100ドルちょっとで済むのではないでしょうか??

 

 

 

ただし

 

日本人のほとんどの方がそれでは済みません。

 

その理由を次回の食事編②として紹介します。

 

 

 

 

 

ありがとうございました!!

まだ読者登録をされてない方、よければ登録よろしくお願いします。

 

 

 

 

~プノンペンの生活費2017~住居編

どうも!!プノンペン在住 GENKIです!!

 

 

カンボジアに住んでいて先ず良く聞かれることは

 

 

 

「生活費ってどれくらい??」

「物価ってどれくらい安いの??」

 

 

 

 

という事で、今回からはプノンペンの生活費の最新情報(2017年現在)をお届けしたいと思います。

 

 

       ~目次

①家賃、光熱費

②食費

③その他、移動費、通信費など生活にまつわる費用

 

 

 

 【家賃】

 

家賃相場を一言で言いますと、

 

 

安くないです。

 

 

そこらの日本の地方都市と同じくらいの感覚です。

 

 

ただ、高いところになるにつれてそれなりにコスパが高くなると思います。

 

安ければワンルーム月100ドルくらいからありますが、中心部からずいぶん離れてたり、ボロかったり、セキュリティが全くなく、外国人にとっては安全とは言えないところがほとんどです。

 

f:id:ilove-uguisudani:20170725015024j:plain

 

月180ドル以下のところまではそういったところが多いですね。

 

 

 

【月200ドル~350ドルくらい】

一般的な1LDKもしくは2LDKくらいまで望めて、部屋もある程度綺麗。家具も付いてる事が多い。

350ドルレベルであれば、外国人女性一人でも安心な建物であったり、どのエリアでも部屋は探せると思う。日本人は基本的にはこれくらいのところから住むことが多い。

f:id:ilove-uguisudani:20170725015054j:plain

 

【月400ドル~900ドル】

安いエリアならこれくらいから一軒家丸ごと借りれます。

また、アパートであれば

ハウスキーピング付きのサービスアパートメントに住むことができます。

700以上のところからは

もし東京でこんなところ借りたら20万以上しそうだなぁってところに住めます。

 

 

f:id:ilove-uguisudani:20170725015130j:plain

 

 

【1000ドル以上】

カンボジア人の金持ちはもちろん、外国人の金持ちの人達は大体これくらいのところ住んでます。政府関係、よく見るのは官僚の方々。

この金額のアパートは大体もう大きなプールとジムがついていて、入ってる家具も高級なものだらけ。中には生活に関わることなんかはフロントの人に頼むと大抵助けてくれたり。

VILLAといわれる大きな家とかもこの辺の金額からですね。間口と庭がが広くて部屋がいくつも入ってます。

あとはエリアやサービスによって値段が大きく違います。

月4000ドルとかもあります。(プノンペンで良い給料の方の一般オフィスワーカーの年収相当)

 

f:id:ilove-uguisudani:20170725015326j:plain

 

 

 

【光熱費】

 

・水道代

とても安いです。一人暮らしでだいたい月に4ドル度。もっと少ない人が多いかも??

 

・ガス代

ガスコンロが一般的で毎日料理で少しずつ使って月に7ドルくらい?人数多ければその分一人当たりの負担が減ります。

 

・電気代

これがものすごく高いです。

省エネ家電が少ないぶん、日本よりも高く感じます。

エアコン毎日使っていたら、月に100ドル以上かかる事なんてざらにあります。

電気の自給率が低く、ほとんどが近隣国から電気輸入している為。

なので、高くても省エネ家電を買う事をお勧めします。

 

ありがとうございました!

次回は②食費についてです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③リュックサック1つ持って海外起業!GENKIです。

 

「起業と言っても一体何をするの?」

 

 

今回はこの問いかけに勝手に答えたいと思います。

 

 

 

 

 

目標はお酒作りです!!

 

 

 

ただすごく大掛かりな事ですし


 

他にもやりたい事がたくさんあります。

 

 

 

 

なので他のやりたい事から始めて、時期が来たらお酒作りに挑もうと思います。

 

 

 

先ずは飲食店やりたい!!

 

 

 

 

私、お酒、コーヒー、食べる事が大好きで

 

4年前に東京でBarを立ち上げ現在も営んでいるのですが


 

 

ここでも飲食店に挑戦しようと思います。

 

 

 

 

 

 

しかし、どの国も同じですが飲食店は厳しい世界です。

ここプノンペンでも、立ち上げが楽で、当たれば大きいものの、1年、2年で潰れるような店がほとんどというのが現状です。

 

 

 

「でもやっぱり好きな事じゃなきゃ情熱を持って仕事を続けられない!!!」

 

 

 

という私には全く関係ございません。やります。

 

 

とはいえ、家賃相場が日々上昇してるこの街での店舗商売をカンボジアビギナーの私がやるのは更なるリスク。

 

(飲食店向けの家賃なんかは、プノンペン中心部なんて日本の地方の政令指定都市と同じくらいの家賃相場じゃないかって感じるくらいです。)

 

 

 

 

 

日本の常識がとことん通じないぶん、この国の文化や習慣、消費の流れを学んでからやるのが一番です。

 

 

 

 

 

そこでリスクを低くして

消費の流れを学べる飲食店は屋台で出来るじゃないか!!

という事で屋台でカンボジア人が好きそう日本食を売ろうと思います。

 

f:id:ilove-uguisudani:20170722014051j:plain

 

 

 

何を売るかは今度紹介します。

 

 

話が色々飛びますが


 

 

その他、楽しい事をどんどんやっていきます。

面白そうな事があれば何でも話下さい!!

 

 

 

実は今は東京で流行ってるようなシェアハウスを作っています。

 

 

その後はクメール語教室です。

 

 

これの後に屋台を出店。

 

 

 

 

 

詳しくはこれからのブログを読んでください!!

 

 

 

 

ありがとうございました!

次回はプノンペンの住居について!!

 

 

 

ありがとうございました。

次回はシェアハウスについてです。

 

 

 

 

②リュックサック1つ持って海外起業!GENKIです。

どうも!次回に続きまして、、

 

 

今回は

 

 

 

なぜプノンペン

 

 

 

f:id:ilove-uguisudani:20170718143406j:plain

 

 

よく聞かれるのが

 

「どこに住んでるの?」

 

「へぇ~シェムリアップじゃないんだ??」

 

 

 

 

 

?????

 

 

確かにシェムリアップアンコールワットがあって有名なところで素敵な街並みも残ってるし、人もいい人が多いのですが、

 

 

 

シェムリアップの人口はおよそ100万人足らず(2017年、推定)

 

 

 

 

 

プノンペンの人口は約200万人!!!(2017年、推定)

 

 

 

 

倍も違うんです

 

十年前のシェムリアップは20万人しかいなかったので、その伸び率こそ凄いのですが(笑)

 

 

 

 

 

もちろん、それだけ人口がいれば出来るビジネスもたくさんありますが、

首都プノンペンの方がマーケットは大きいですよね?

 

 

それにお金持ちやビジネスマンも結局ここに集まりやすいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という極単純な考えだけで来ちゃいました!!!

 

 

 

僕は何となく首都に行きたがるのです。都会好き。

 

 

カンボジアの日本人80パーセントがプノンペンにいるそうです。(jetroさん調べ)

 

 

これなら町の情報収集も早いですし、和食屋さんも100軒以上あるので日本が恋しくなっても安心ですね♬

 

 

2日に一回は必ずどこかの日本料理屋さんでご飯食べてます。

 

 

これを読んでるどなたか、美味しい牛丼屋さんやってくれませんか?

毎日行きます。

 

 

 

いないなら自分でやります!!

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました!!

次回は③「起業といっても何するの?」です!!